夏の間も肌が乾燥してカサカサしがちです。
カサカサ肌は肌のバリアが脆くなってしまうため、ちょっとした刺激にも敏感になり、ついつい掻いて肌が荒れてしまうことがあります。
そして一度掻き壊してしまった肌は回復するまで何日もかかったり、ひどくなると色素沈着してしまう場合もありますから注意が必要です。
そのような乾燥敏感肌にならないように、顔だけではなく体全体の肌を潤すような工夫をすると冬が怖くなくなります。
簡単な身体全体保湿としては「保湿効果が高い入浴剤」を利用することがいいかもしれません。